俊輔、「体が二つ欲しい」・世界中のニュースを独自の視点でみつめます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俊輔、「体が二つ欲しい」


うわ~、たしかにこの状況じゃ、ハードですね~、俊輔。

 日本代表MF中村俊輔(28)が29日、ペルー戦(24日)後の国内休暇を終え、スコットランド1部リーグ・セルティックに合流するため英国に飛んだ。

 イビチャ・オシム監督(65)の“無法要求”的な苦言を前向きに受け止めた中村俊は、日本代表のアジア杯(7月7-29日・タイなど4カ国)と、日程が重なるセルティックの欧州チャンピオンズリーグ予備戦3回戦(7月下旬)の板挟みにハムレット状態となり「体が2つほしい!」と悲鳴を上げた。

 日の丸戦士に返り咲いたMF中村俊に、早くも恒例の招集問題が持ち上がった。07-08年欧州CLに予備戦3回戦から出場するセルティックだが、ストラカン監督が中村俊の出場を強く希望していることが判明。アジア杯終盤に日程が重なるだけに「体が2つあればいいのに」と嘆き節だ。

 セルティックでかなりたよりにされてるだけに俊輔も苦しいところですよね。どうしてこうなっちゃうんでしょうか、神のいたずらですね。

 大陸連盟主催大会のアジア杯では代表チームに拘束力がある。だがオシム監督の基本スタンスは「海外組は所属クラブ優先」。05-06年欧州CLで予備戦2回戦敗退した苦い過去があるセルティックにとって大黒柱は手放せない。

 中村俊に選択権はないだけに「あとは協会とクラブの話し合い。もう少ししないと分からない」と悩ましいが、オシム監督の海外組に対する姿勢からアジア杯回避の可能性もある。

 ファンとしては代表での中村選手をやはり、みてみたいですよね。アジア杯は結構、注目されてますしね。

 アジア杯への思いは強い。00、04年大会連覇の立役者で3連覇にこだわりがあり、W杯前を除けば唯一と言っていい長期間の代表活動も魅力。

 「1カ月間も同じメンバーでいるのはすごく大きい。そういう機会にいたい」。だが世界最高峰の舞台、欧州CLと板ばさみ。オシム監督がアジア杯招集に踏み切れば“万事解決”なのだが…。

 オシム監督、ここは是非、俊輔および他の欧州組の召集をよろしくおねがいします。


 9カ月ぶりの代表復帰戦となったペルー戦では2アシストを記録。オシム監督は辛口だったが「選手は認められまいが、認められようが頑張るしかない」と中村俊。司令塔は“ハムレット”の心境のまま、31日・ダンディーU戦からリーグV争いの佳境に身を投じる。

「引用:Yahooニュース」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000018-dal-socc
スポンサーサイト
Copyright © sportニュース最前線 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。