やったぞ北島!・世界中のニュースを独自の視点でみつめます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったぞ北島!


【メルボルン(オーストラリア)堤浩一郎】当地のロッド・レーバー・アリーナ仮設プールなどで行われている世界水泳選手権は第14日の30日、競泳男子200メートル平泳ぎ決勝で2004年アテネ五輪2冠の北島康介(24)=日本コカ・コーラ=が2分9秒80で優勝し、今大会の日本勢初の金メダルを獲得した。

 北島の世界選手権優勝は03年バルセロナ大会(スペイン)で平泳ぎ2種目を制して以来、2大会ぶり。

まあ、確かにこのレースはハンセンが棄権したこともあって北島も素直に喜べないところがあるでしょうけど、この金メダル獲得をきっかけに今後、さらに調子を伸ばしてほしいですね。

 今大会での北島は百メートル平泳ぎ決勝(26日)では世界記録保持者のブレンダン・ハンセン(米国)に敗れて2位に終わっていた。200メートルではハンセンが体調不良を理由に、29日の予選レースから棄権。決勝は、北島が2位以下に1秒以上の差をつける圧勝だった。

 やはりハンセン以外はただの雑魚ですね。きっとハンセンもこの北島選手のレースをみてあらためて北島選手の怖さを思い知ったとおもいますよ。

 ▽北島康介の話 自分の記録や世界記録に挑戦するレースだったと思う。それを達成できなかったのは悔しいけど、優勝(できた)ということを考えたら自信になるし、来年(の北京五輪で)やってやろうという気持ちにさせてくれた。

 「引用:Yahooニュース」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000108-mai-spo
スポンサーサイト
Copyright © sportニュース最前線 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。