全日空飛行機が胴体着陸!・世界中のニュースを独自の視点でみつめます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空飛行機が胴体着陸!



 前輪が出ないため胴体着陸したプロペラ旅客機「ボンバルディアDHC8」のトラブルは頻発している。国土交通省によると、運航に影響した同機のトラブルは平成17年だけで44件発生。このうち今回、胴体着陸したDHC8-Q400は26件と多発している。

 この26件の内訳は車輪の格納関連が8件と最多。次いでプロペラ回転数の異常表示などエンジン関係が4件、客室の与圧をめぐるトラブルが3件など。
 
 胴体着陸はホント恐いですよねえ。よくバラエティー番組などで飛行機が胴体着陸するシーンを見たことがありますけど奇跡的に助かった例がある一方で一瞬で機体が粉々になるシーンもみてますからねえ。

 車輪をめぐるトラブルでは平成17年10月、今回と同じ大阪発高知行き全日空便が離陸後に前後輪3本がすべて上がらなくなるトラブルが発生。昨年2月には、中部国際空港発松山空港行きの全日空機が着陸体勢に入ったものの、車輪すべてが出なくなり、パイロットが手動操作で車輪を出した。

 なるほど、自分で操作できる分だけ危険は減るわけですね。でも最近こういったニュースが多いですよねえ。飛行機にのるのがこわくなってきますよホント。つい最近まで日本ではこういった事件はおきないと誰もが無意識に思ってましたでしょうけど・・。

 多発するトラブルを受け、全日空とボンバル社は共同でプロジェクトチームを設置して調査したところ、脚を動かすための油圧系統に製造段階でミスがあったことが判明。油圧系統に混入した空気の影響で、油圧ポンプが故障していたという。

 ボンバル機は大阪空港と四国、九州各地を結ぶ便のほか、北海道、鹿児島、沖縄の離島便などでも就航しているが、全日空はボンバル機の便数を減らしてエアバス社の旅客機などにかえる措置を既に取っている。

 

よく考えたら飛行機はみな海外で作られてるんですよね。日本で騒いでばかりいても仕方がない問題かもしれません。

「引用:Yahooニュース」

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070313-00000041-san-soci

 

スポンサーサイト
Copyright © sportニュース最前線 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。